[字幕/吹替] ラッシュ プライドと友情

投稿日: 2016年10月31日 | 投稿者: 小樽の寿司

にほんブログ村 動画紹介ブログへ
解説
あなたの生涯の一本を塗り替える。
アカデミー賞監督ロン・ハワードが放つ、エンターテイメント超大作

1976年、F1黄金時代。世界を熱狂させた二人のレーサーがいた。ドライビングテクニックも私生活も情熱型のジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)と、レース運びも人生も頭脳派のニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)だ。シーズンは、ラウダの圧倒的なリードで幕を開けた。ジリジリと迫るハントを制し、ラウダのチャンピオンが確実視されたその時、すべてが変わった。壮絶なクラッシュ。ラウダは瀕死の重傷により再起は絶望的だった。事故の一因は自分だ、との自責の念を払いのけるかのように、残りのレースに全霊をかけたハントがチャンピオンの座に手をかけた時、ラウダが再びサーキットに戻ってきた。事故からたった42日後、変わり果てた姿で。ポイント差僅か、最終決戦の地、富士スピードウェイで、ライバルを超えた絆を胸に、限界の先へとアクセルを踏み込む。

出演俳優
ジェームス・ハント役:クリス・ヘムズワース
ニキ・ラウダ役:ダニエル・ブリュール
スージー・ミラー役:オリビア・ワイルド
マルレーヌ役:アレクサンドラ・マリア・ララ
クレイ・レガッツォーニ役:ピエルフランチェスコ・ファビーノ

字幕 吹替

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。