[吹替] プラトーン

投稿日: 2016年11月18日 | 投稿者: 小樽の寿司


にほんブログ村 動画紹介ブログへ
解説
第59回アカデミー賞で作品賞など4部門に輝いた戦争映画。米現代史の汚点、ベトナム戦争を題材に、自身もベトナム帰還兵である鬼才O・ストーン監督が戦場の現実に肉薄。ベトナムの戦場に米国社会のゆがみ(多民族国家・米国が抱えた諸事情など)を見いだす鋭い視点のみならず、“戦場においては今日の味方が明日の敵になり得る”という普遍的問題まで提起した、ストーンのリアルな視点が冴える渾身の力作。

1967年、米国人の若者クリスは大学を中退してまで自ら志願して陸軍兵となり、ベトナムの戦場へ。そこで最前線の小隊(プラトーン)に配属され、危険な毎日を送るように。同部隊では冷酷無比なバーンズ隊長と、無益な殺人を嫌うエリアス班長という、性格も価値観も正反対な2人の軍曹が対立していた。ついにバーンズとエリアスの不仲は決定的なものとなり、バーンズはエリアスをある卑劣な方法で葬り去ろうとたくらむ……。

出演俳優
バーンズ軍曹…トム・ベレンジャー(谷口 節)
エリアス軍曹…ウィレム・デフォー(大塚芳忠)
クリス・テイラー…チャーリー・シーン(宮本 充)
バニー…ケビン・ディロン(落合弘治)
ビッグ・ハロルド…フォレスト・ウィテカー(相沢正輝)
オニール軍曹…ジョン・C・マッギンリー(田原アルノ)
ラー…フランチェスコ・クイン(古澤 徹)
ハリス大尉…デイル・ダイ(水野龍司)
ラーナー…ジョニー・デップ(岩松 廉)

動画視聴



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。