おかしな刑事 ~居眠り刑事とエリート女警視の父娘捜査~計10作

投稿日: 2016年11月19日 | 投稿者: 小樽の寿司


にほんブログ村 動画紹介ブログへ
解説
鴨志田新一は、東京東王子署の刑事。別れた妻との間にいる娘は、母親の姓を名乗り、警視庁刑事局のエリート警視となっている。ある日、東王子署管内のシティホテルで、北九州市の主婦・猪俣勝江の刺殺体が発見される。かつて教師をしていた勝江は、当時の教え子に会う為に上京していたのだ。

出演俳優
伊東四朗、羽田美智子、藤真利子、石井正則(アリ to キリギリス)
柳沢慎吾、ベンガル、銀粉蝶、筒井真理子、小倉久寛、出光元
中西良太、飯田基祐、伊東貴明、福本伸一

01作目 『叩き上げ刑事とキャリア警視の父娘が挑む連続殺人!
伊勢志摩の真珠に秘められた謎の連鎖』

03作目 『居眠り刑事とエリート女警視父娘が超高級エステに潜入捜査!
美人モデル連続殺人 伊香保温泉に金と愛欲の罠!!』

04作目 『海面2m!!
時間差殺人の謎 赤水門と西伊豆堂ヶ島の殺意』

05作目 『新潟十日町着物ショーに父娘潜入捜査!
狙われた王子の狐!時限発射トリックの謎!!』

07作目 『サクラソウは見ていた!
死体に付いた花弁と女流画家の美しい罠』

10作目 『花笠まつり殺人事件 二つの死体と似顔絵の美女
山形かみのやま温泉〜楽焼絵皿に謎』

11作目 『女性弁護士殺人事件 池袋23時〜荒川水門24時 空白の1時間に何が?』

12作目 『美しき死体~ゴミ屋敷殺人事件
幻の将棋の駒と消えた数億円の財産の謎』

13作目 『美しき女流作家の死~消えた殺害現場と、
空き巣の手口“三角破り”の接点・那須塩原〜向島を結ぶ運命の紅い帯』

14作目 『完全密室の劇場でスポットライトを浴びた死体!
女優が残した文字“ス1755”の謎とは?』



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。